デジタルで変わる新しいアニメ制作現場

Save Point アニメは、制作進行管理と
デジタルアセット管理のためのクラウドサービスです

資料ダウンロード

before / after

before

集計表の更新に膨大な手間がかかる
進行情報に合わせて手入力でエクセルを更新するため、更新作業に時間がかかってしまう。

→↓

after

データの投稿と同時に集計表を更新できる
データ投稿のタイミングでステータスを変更し、変更内容が自動的に集計表に反映されることで集計表更新の工数を大幅に削減できる。

before

複数のツールを使っていて管理が煩雑に
各外注先によって連絡手段が違っていたり、案件毎に集計表が分かれていたりするため管理が煩雑になってしまう。

→↓

after

Save Pointでツールを統一
データ授受、コミュニケーション、集計表がSave Point内に全て備わっているため他のツールを使う必要がありません。

before

複数の外注先に同じ情報を共有する手段がない
設定内容の変更などがあった場合、複数の外注先に一斉に共有する手段がなく、一部の外注先に共有漏れが発生してしまう。

→↓

after

複数の外注先に一斉連絡が可能
複数の外注先に一斉連絡ができるため、情報共有の手間を省き、共有漏れを防ぎます。

function

カット表

馴染みのある従来のカット表のインターフェイスで管理が可能です。
日付や枚数は直接入力せず、データ投稿時の内容が反映されます。
  1. ①検索フィルタ
  2. ②カット表、集計表の切り替え

集計表

馴染みのある従来のカット表のインターフェイスで管理が可能です。
カット数は直接入力せず、データ投稿時の内容が反映されます。
  1. ①検索フィルタ
  2. ②カット表、集計表の切り替え
  3. ③予測枚数

ガントチャート+
マイルストーン機能

・スケジュールバーをドラッグ&ドロップすることでスケジュールの編集が可能です。
・クリックすることで製作物の詳細ページに移動します。
  1. ①検索フィルタ
  2. ②チャート表示領域
  3. ③クリックして詳細ページへ
  4. ④スケジュールバー(ドラッグ・拡縮可能)

指パラ機能(画像比較機能)

①選択したカット内の複数データを指パラ感覚で確認できます。 ②カットの内容を並べて表示することができ、複数枚を一画面で確認できます。

flow

01

ヒアリング
現状分析

  • ヒアリング
  • 利用想定確認
  • 課題確認
  • 訪問/デモンストレーション

→

02

要件定義

  • 要件定義
  • 素材分析
  • 工程分析

→

03

環境構築

  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 移行準備

→

04

開発・テスト

  • 無料トライアル
  • 運用テスト

→

05

導入支援

  • 業務テスト
  • マスタ設定
  • データ移行
  • 操作説明会

→

06

本番稼働

  • 運用保守
  • サポート
  • 訪問フォロー
  • 株式会社デイヴィッドプロダクション
  • 株式会社オー・エル・エム
  • 株式会社セイバープロジェクト ZG-R事業部

case study

株式会社ミクシィ

Save Pointによるログの蓄積によって様々な課題を解決。今ではクリエイティブの制作に必須の欠かせない存在に。

read more

詳細ページへ

株式会社ディー・エヌ・エー

クリエイターがやりたいことをストレスなくできるのが「Save Point」の特徴

read more

詳細ページへ

株式会社マクロミル

リモートワーク化に伴い、
より欠かせない存在となった

read more

詳細ページへ

開発ワークフロー

ユーザーの声を元にした開発・改善
現場のユーザーに寄り添った機能開発を重視しています。
ご意見・ご要望をお気軽にご連絡ください。
月2回のリリースの実施
現場の変化に対応し、常に利便性の向上を提供するために月に2回リリース日を設けています。

さぁ、業務効率化へ。

ご不明な点はお気軽にお問合せください

セキュリティへの取り組み

大切な情報をお預かりするサービスとして
情報資産の管理を最重要事項として運用しています。

ISMS認証の取得

すべてのユーザー様に安心してご利用頂けるようISMS認証を取得し、国際規格の認証を得たマニュアルを通じて運用しています。日頃から情報資産を正確かつ安全に取り扱い、より信頼性の高いサービスの提供に努めています。
登録範囲:SaaS型制作活動支援ツール及びポートフォリオ管理ツールの開発・運用
Save PointはデータセンターとしてAmazon Web Servicesを利用しています。特定のデータセンターで障害が発生しても他のデータセンターのサーバーへと自動的に切り替わるため、安定的な運用が可能となっています。
Save Pointはすべての通信をSSLで暗号化しており、第三者によって盗聴されてもその内容まで判明出来ないようになっております。
Save Pointではデータベースの情報をリアルタイムに別のサーバーに保存し、データベースサーバーに障害があった際は瞬時に対応できるよう運用しております。